1. ホーム
  2. 結婚相談所の評価
  3. ≫楽天オーネットの個人的口コミと評価

楽天オーネットの個人的口コミと評価

楽天オーネットの基本情報

費用【税抜き価格】

プレミアコース(楽天オーネットお基本コース)

入会金 30,000円
初期費用 76,000円
月会費 13,900円
成婚料 なし

休止制度

あり。(休止中は月会費500円)

返金保証

あり。

支店情報

北海道エリア 札幌支社 サテライト(函館・旭川・釧路・帯広・北見)
東北エリア 盛岡支社 仙台支社 サテライト(青森・秋田・山形・郡山)
関東エリア 銀座支社 新宿支社 池袋支社 渋谷市社 町田支社 横浜支社 大宮支社 千葉支社 泊支社 宇都宮支社 高崎支社 水戸支社
中部エリア 名古屋支社 岡崎市社 静岡支社 浜松支社 岐阜支社 金沢支社 長野支社 新潟支社 甲府支社
関西エリア 大阪北支社 大阪南支社 京都支社 神戸支社 姫路支社 奈良支社
中国エリア 岡山支社 広島支社 サテライト(鳥取・島根・山口)
四国エリア 徳島支社 高松支社 松山支社 サテライト高知
九州・沖縄エリア 福岡支社 小倉支社 熊本支社 鹿児島支社 沖縄支社 サテライト(佐賀・長崎・大分・宮崎)

結婚相談所の分類

結婚相談所は、人による紹介に重点を置いた仲人型サービスとコンピューター検索に重点を置いたデータマッチング型サービスに大きく分けられます。

楽天オーネットは後者のデータマッチング型サービスで、会員データベースから検索で相手を探したり、コンピューターが会員情報から相性を判定して紹介するサービスがメインです。

入会すると担当のアドバイザーがつきますが、サービスの内容やシステムの利用方法などの案内が主な仕事でアドバイザーの目線からあなたと相性が良さそうな男性を紹介するサービスは別途有料となっています。

そのかわり相手を探す方法はバリエーションがあります。会員ページを軸にプロフィール情報を検索してアプローチしたり逆にアプローチされたりして相手を探す方法が基本になりますが、いざ会員ページを前にすると何を基準に相手を選んでいけばいいか途方に暮れてしまいます。

そのような方のために会員には毎月イントロGと呼ばれる会員誌が郵送で送られてきます。全会員が目にするイントロGには新しく入会した会員のプロフィールがもれなく掲載される(写真は掲載されない)ので、そこから申し込みがあることも少なくありません。

ちなみに、自宅からログインできる会員ページは写真掲載が有料なので全員の写真を見られるわけではありません。一見不便に感じますが写真データがネット上に流出することを防止するためなのでやむを得ないと思われます。

各支店に直接出向けば全会員の写真を検索できるオーネットパスという専用端末を利用できます。ですが、ずらーっと一覧で表示される写真データを中心に男性を選別していくのは想像以上に大変かもしれません。

これらのサービスは全て使いたい放題というわけではなく、例えばオーネットパスであれば1回あたりで申し込みできるのは10名までのように制限があるので、効率的に選んでいくためにはある程度の選定基準を持ちつつスピーディに判断する必要があります。

また、各サービスはプロフィール情報の検索が中心だったりあるいは写真検索が中心だったり、イントロG会員誌のように掲載タイミングが限定的であったりと特徴があるのでうまく使い倒しながら相手を絞り込んでいかなければなりません。

結婚相談所の分類の評価星3個
当サイトでは、婚活のプロである仲人役に相談しながら相性の良い人を紹介してもらう仲人型をお勧めしていますが、プロフィール情報や写真とにらめっこしながら自分で判断したいという方には楽天オーネットは合うサービスかもしれません。しかし、婚活は思い通りにいかないことが多く心の支えにもなる仲人役と2人3脚で進めるのが30代女性にはお勧めと判断しているので星3つの評価としています。

楽天オーネットの申し込み人数

仲人型の結婚相談所であれば、仲人役の人が1ヶ月に何人紹介してくれるかがサービスを選ぶ判断基準になりますがデータマッチング型である楽天オーネットの場合個別に男性を引き合わせて紹介するサービスはオプションのため都度料金がかかります。

ここでは個別の男性の紹介人数については評価できないため、各サービスでの申し込み可能人数について評価します。

各サービスの申し込み可能人数は下記の表の通りです。

1回当り 年間トータル 備考
データマッチング 6人/月 72人 紹介状が届く
イントロG 8人/月 96人
オーネットパス 10人/回 30人 年間3回まで
延べ人数 198人

年間の延べ人数198人はかなり多く感じますが、申し込みが可能な人数であって直接会って話ができる人数ではないことに注意が必要です。申し込んでも断られる場合がありますし、逆に申し込みがあっても写真を確認できた時点でお断りを入れる場合もあるでしょう。

コンピューターがマッチングした相手、プロフィールの情報から自分で選んだ相手、写真(容姿)から選んだ相手これらの中から徐々に絞り込んでいく必要があるわけですからそれなりの時間と労力がかかるのは想像できると思います。

申し込み人数の評価星3個
申し込みができる年間延べ人数198人は、断られるかもしれない人数を考慮してもほぼ制限がないと考えてもいい人数です。(これ以上の人数を申し込むのは逆に難しい)そのような意味では十分な人数と評価できます。あとはモチベーションの維持、時間や労力の問題をクリアーできるかがポイントです。実際はそれらこそが問題になると思いますが。

楽天オーネットにおける活動の総費用

データマッチング型である楽天オーネットと仲人型の費用に関する違いは成婚料が必要ないという点です。仲人型の結婚相談所は結婚させることが最終的な目標なので、成功報酬として成婚料が必要になるのは仕方がないでしょう。そのために仲人役の人も親身に相談に乗ってくれるわけです。(仲人型でも成婚料をとらない結婚相談所もあります。)

一方データマッチング型も会員同士の結婚が目標ではありますが、結婚させるというより様々な出会いの場を提供し結果として結婚に至ることを目標としたサービス形態なので成婚料をとらない料金体系が多くなっています。

楽天オーネットも同様の料金体系となっていますが仲人型よりも大幅に安いかと言われると実はそうではなく、イントロGやオーネットパスを利用するための初期費用がそれなりにかかります。下の表は入会して半年間活動した場合と1年間活動した場合の総費用を整理したものです。

活動期間 入会金 初期費用 月会費 成婚料 合計(税込)
半年間 32,400 82,080 90,072 0 204,552
1年間 32,400 82,080 180,144 0 294,624

「いい男性が現れたので会員としての活動はしばらく休止したいけど、成婚には至るかはまだ分からないので脱会せずに在籍したい」このような場合は休止料として540円/月が必要になります。通常の月会費が必要となる結婚相談所も少なくないので休止料としてはリーズナブルです。

休止せずに半年間活動した場合はトータル約20万円、1年間の場合は約30万円が必要になります。

活動の総費用の評価星4個
仲人型、データマッチング型の結婚相談所を区別せずに費用だけに注目すると半年で約20万、1年で約30万は比較的お得感は高いです。

楽天オーネットの総合評価星35個

データマッチング型の結婚相談所としては、色んな男性と会うためのサービスがバリエーション豊富に用意されています。また費用面も仲人型よりは抑えられていてコスパは高いと評価できます。

しかし、サービスのバリエーションが豊富で申し込みできる人数が多いことが逆に婚活初心者や積極的にアプローチすることが苦手な女性にとってハードルになるかもしれません。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。