1. ホーム
  2. 婚活実践
  3. ≫婚活でカップリングしても続かないのはなぜ?

婚活でカップリングしても続かないのはなぜ?

婚活でのカップリングはその時点そのメンバーでの相対的評価

婚活パーティや婚活サイトでカップル成立するのは、思ったほど簡単では無いので上手くカップル成立すると「結婚できるのではないか」と舞い上がってしまいます。

現実は結婚どころか長く続かないことが多く、カップル成立→自然消滅を繰り返すと次第に婚活疲れになってしまいます。

婚活におけるカップル成立は、イコール交際成立というわけではないので「もっといい人と出会えるのでは無いか」という思いから、婚活パーティに次々に参加したり、婚活サイトで複数の人にアプローチをかけていてもOKという暗黙の了解のようなものがあります。

例えば婚活パーティは、参加したその日のメンバーの中から好印象な人を選ぶわけですから、たとえ第1希望同士でカップリングしたとしても自分の好みで一生を共に過ごしたいと思える相手とは限らないのです。

ですから第2希望、第3希望の相手とカップリングした場合ならなおさらです。このことは男性女性に限らずお互いにあり得ることなので、短期間で自然消滅したとしても「今回は縁が無かった」そう思って割り切るしかないでしょう。

婚活でカップリング後を長続きさせるには

では婚活パーティや婚活サイトでカップリングした相手とは長く続けることができないのでしょうか?

特に婚活パーティは、短時間の会話とぱっと見の印象、さらに限られたメンバーの中から相手を選ぶわけですからなんとなく盛り上がらずに自然消滅するケースは少なくありません。

とはいえ、関係を長く続けて交際へと発展させる確率を上げる努力は必要です。お互いに複数の人と並行してプレ交際(正式交際の前の交際)をしているならその中から選ばれる存在になれば良いのです。

  • 相手に良い印象を与える笑顔を練習する。
  • 相手に良い印象を与える服装を研究する。
  • 会話のネタ(地元ネタ、趣味、音楽、食事、映画、ドラマなど)を探す努力をする。
  • 会話を広げる(相手の興味のあることに共感したり質問する)練習をする。
  • 自分をさらけだす(自己開示)努力をする。

以上のようなコミュニケーション能力を向上させる努力は、婚活での少ないチャンスをものにするためにも取り組むことをお勧めします。

深く考えずに数をこなすことも大事

上で紹介したようなことにすでに取り組んでいて会話もそこそこ盛り上がるのにやっぱり続かない、このような場合は単にタイプではなかっただけですからダメだった理由を深く考える必要はないでしょう。

ある程度の期間婚活していると、条件的には問題無いけれどなんとなく気持ちが盛り上がらなかったという理由でこちらからお断りすることもあるはずでしょうからお互い様です。

相性が良い人との出会いはある日突然やってくるものです。当たり前ですが、何もせずただ待っているだけではその日はやってきません。

出会いの数を増やせば増やすだけ相性が良い人と出会う確率は高くなります。ですから、その日が来るまで自分を磨きながら数をこなすことも大切です。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。