1. ホーム
  2. 婚活実践
  3. ≫婚活から結婚までに必要な期間の目安

婚活から結婚までに必要な期間の目安

婚活には軽い付き合いではなく結婚を目的としたサービスとして婚活パーティ、婚活サイト、結婚相談所などがありますが、どのサービスでも結婚を真剣に考えている男性と出会う確率は、ただ出会いを待っているよりは高くなります。

ですから、積極的に婚活すれば結婚に向けてスタートラインに立つ、つまり交際をスタートするまでの期間を短くすることができます。

婚活の場合は、活動している男性も女性も結婚を前向きに考えているわけですから交際をスタートしてから結婚に至る期間も、普通に恋愛して結婚する場合よりは短いかもしれません。

では婚活としてどのサービスを利用するのが効率的なのでしょうか。代表的な活動方法である婚活パーティ、婚活サイト、結婚相談所の違いについて結婚までの期間に注目して考えをまとめてみました。

婚活パーティの結婚までの期間

婚活パーティの会の流れは、ズラッと横に並んで座った女性の前に男性が座り、3分程度話をして1人横にずれて3分程度話をしてまた1人ずれるというサイクルを繰り返して進行します。

人数は開催場所や年齢層などでマチマチですが10対10ぐらいと考えていいでしょう。人数にもよりますが、2巡した後10分程度のフリータイムがあって終了のようなパターンが多いです。

フリータイムは人気のある女性に男性が集中して集まるので、目当ての男性と確実に話ができるのは2巡の間で話す6分程度になります。

6分間で相手のプロフィールカードを見ながら会話をするわけですから、男性のことを内面からじっくりと見極める時間ははっきり言ってありません。第1印象で好印象だった同士がカップルになってその後の交際で結婚相手として相応しいか見極めるという感じです。

短時間ではありますが、一気に10人程度の男性と直接会ってなおかつ容姿を確認して話ができるわけですからある意味では効率の良い方法とはいえます。

しかし、結婚を決める上で大切な要素である結婚観や価値観、性格などはとりあえずカップルになってから探っていくことになるわけですから、結果として相性が合わずに分かれてしまったら出会いのところからやり直しになってしまいます。

以上のことから、婚活パーティは出会うまでのスピードは効率的ですが、結婚を前提とした交際を判断するまでに時間がかかるので結果として結婚までの期間は婚活サイトや結婚相談所と比べて早くなるとはいえないという評価になります。

婚活サイトの結婚までの期間

婚活サイトは、乱暴に表現するなら結婚を前向きに考えている人のための出会い系サイトのような感じです。ただし、出会い系サイトと違って会員になるためには身分証の提出が義務付けられていることが多いので身元ははっきりとしています。

住んでいる場所や年齢などの検索から絞り込んでいき、プロフィール情報や写真(写真を公開している人は多くありません)を見て印象の良い人にメッセージを送ってアプローチします。

メッセージのやり取りでの共通のネタはプロフィール情報からしか得られないので、趣味や興味のあることが合わないと、すぐにネタが尽きてきます。

ですからどこかのタイミングで直接会って話をする提案をするわけですが、会ってみて服装まで含めた外見が受け入れられなかったり、価値観が合わないとお断りのメッセージを送ってアプローチからやり直しになります。

男性からアプローチがある場合もあると思いますが、メッセージのやり取り→お見合い→交際orお断りの流れは同じです。

以上のことから、婚活サイトはプロフィール情報からある程度男性を条件(年齢、職業、年収、趣味、結婚観など)から絞り込めるので理想に近い男性と出会える可能性があります。しかし会って話をしないとわからないことも多く、メッセージでのやり取りの時間がもったいなく感じることもあります。

婚活パーティと比べると、出会って話をするまでは時間がかかりますが、出会ってから交際までは条件で絞り込んだ相手なので効率的に進められる可能性が高いという評価になります。

結婚相談所の結婚までの期間

結婚相談所は、会員登録すると専属の担当(仲人)がついてお見合いの段取りから交際のアドバイス、結婚までを手厚くサポートするサービスです。

婚活サイトのように会員を検索できる専用ページも用意している結婚相談所は多いですが、あくまで仲人が綿密に面談をして相性の良さそうな相手を紹介するサービスがメインです。

婚活サイトの欠点は条件面や結婚観が合いそうな男性の検索・絞り込、お見合いのためのメッセージのやり取りに時間がかかってしまうことですが、結婚相談所の場合、仲人役の人がサポートするので交際をするしないの判断に集中出来るのがメリットです。

また、婚活サイトのように一人で活動していて交際まで発展しない回数が重なるとモチベーションがどんどん低下していきますが、結婚相談所の場合いつでも相談できる結婚のプロが付いているので心強いです。

以上のことから、結婚相談所は条件面や結婚観など合いそうな男性とのお見合いを仲人役の人が段取りしてくれるので効率的に進めることができ、交際スタート後もフォローをしてくれるので婚活パーティや婚活サイトよりも結婚まで短期間で進めることができるという評価になります。

まとめ

結婚までの期間を各サービスで比較した結果表

お見合いまで 交際〜結婚まで
婚活パーティ

一度に大人数と話ができる

結婚観や価値観、性格の相性の確認に時間がかかる
婚活サイト

絞り込み、メッセージのやり取りに時間がかかる

性格の相性を確認する時間が必要
結婚相談所

仲人が段取りしてくれる

性格の相性を確認する時間が必要

結婚相談所は多くの会員を結婚まで導くことが大切な仕事です。結婚相談所のサービスの質をアピールするために会員同士で結婚まで至った割合やその期間を公表している場合も少なくありません。

大まかな目安としては、色んな男性とお見合いをする期間が3ヶ月程度、相手を決めて交際する期間が6ヶ月程度、結婚に向けた活動期間が3ヶ月程度、したがって入会から結婚脱会まで計1年程度と考えていいでしょう。

当然ですが、もっと早く結婚まで至る人もいればもっと時間がかかる人もいるのであくまで目安として捉えてください。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。