1. ホーム
  2. 婚活実践
  3. ≫婚活中の二股進行はありなの?

婚活中の二股進行はありなの?

たった1人の将来のパートナーを探すために活動しているのに、二股はありなのかという疑問はピント外れのように感じるかもしれません。

一口に婚活中といっても結婚相談所や婚活パーティ、婚活サイトなどの婚活サービスを活用している場合は、これら特有の活動方法があるのではたから見ると二股のように見える場合があります。

あくまで婚活サービス特有の活動なので、二股進行はありなのかと問われれば婚活サービスを利用している中で会員との正式交際がスタートするまでは「あり」と考えていいでしょう。

では、「正式交際がスタートするまで」とは具体的にどのような状況を指しているのでしょうか。

お金を払って婚活サービスを利用しているわけですからより条件の良い相手と出会いたいと誰しも思うでしょう。

しかし現実は、

  • 婚活パーティで、見た目がタイプな人とカップリングできたけど後から確認したら実はバツイチ子持ちの男性だった。
  • 結婚相談所で、高スペック(高学歴、高収入)だったのでウキウキして紹介を受けたけど会ってみたらファッションセンスが残念な男性だった。

というようなことはありえることです。

収入面を考えるとAという男性が良い、見た目ではBという男性が良い、性格面はCという男性が良いこのようにすべての面で条件を満たす男性とは簡単には出会えないものです。

すべての条件を満たす男性ではなくても表面的な条件面や短時間話した程度では分からなかった魅力に気付いて、交際へと発展する可能性も大いにあり得ます。

以上を踏まえると、「正式交際がスタートするまでの状況」とは出会ってから見た目や条件、性格などを踏まえて相性が合致するかどうかの見極めをしている期間と考えることができます。

このことは、同時に自分も出会ったいろんな人から見極められているということなので、相手を一方的に選ぶ選択権があるわけではないというのが難しいところでもあります。

普通に恋愛から結婚に至るようなケースでは、婚活のように交際する前に複数の男性とつき合うかどうかを判断するためのお見合いのようなことをすることはまずないでしょう。

このあたりが、婚活特有の活動で二股のように見える部分であり、言い方を変えれば婚活サービスが効率的に結婚相手を探せる理由ともいえます。

結婚相談所で紹介される人数について

数ある婚活サービスの中でも、成婚(会員同士で結婚の意思が固まった状態)にこだわっているサービスが結婚相談所です。結婚相談所は、婚活パーティや婚活サイトなどのように出会いの場を提供しているサービスとは異なり結婚させてなんぼの世界です。

ですから、紹介する男性との相性や紹介人数に力を入れている結婚相談所が多いです。

結婚相談所によっては月に4人から6人紹介するところもあります。紹介される男性は、面談で理想像をヒアリングした上で選んでいるのでとりあえず会って話しをしてみようと思うレベルの人が多いはずです。

そうなると、自然と正式交際を見極める状態の男性が同時に複数人いる状態、つまり二股以上の状態になってしまいます。

このことは結婚相談所側ももちろん把握したうえでのことですし、男性側も同じように並行して正式交際前のプレ交際をしているので必要以上に気にする必要はありません。

紹介人数に力を入れている結婚相談所はこちら

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。