1. ホーム
  2. 婚活準備
  3. ≫結婚は妥協というけどそもそも妥協って何?

結婚は妥協というけどそもそも妥協って何?

「男性に求める年収は最低でも600万以上、最低限の容姿があればイメメンにはそんなにこだわらない」婚活真っ最中の女性からよく聞くセリフです。

年収や容姿以外にも男性に求める条件はいろいろあると思いますが、これらの条件に満たない男性を選ぶ場合に妥協するということなのでしょう。

街を歩いているとお世辞にも見た目が良いとは言えない男が若くて綺麗な女性を連れて歩いていることがあります。女性を引き止めてなぜその男性を選んだのか聞いたわけではないので本音はわかりませんが、妥協してその男性を選んだとは思えません。

男性に容姿を補う別の魅力があるのかもしれませんが、若くて綺麗なら男性を選べる立場にあるわけですから妥協する必要がないからです。

つまり、他人から見て妥協しているように見えても本人が妥協と感じているか、そうではない(現状に満足している)かは本人の捉え方次第なのです。

そこで、一般的に妥協点と言われている条件についてどのように捉えれば妥協と感じないのかについて僕個人の考えをまとめてみました。

年収

例えば年収600万という数字を考えた時に30代前半で到達できる業種はそう多くありません。おそらく年収600万ある男性なら誰でもいいというわけではないでしょうから、そのような条件を設定した時点で結婚したいと思える人に出会える可能性は低くなることを知っておくべきです。

年収が高いといわれる金融系や医師、法律を扱う業種以外にも仕事に誇りを持っているいい男はたくさんいます。「家計に足りない分は私がパートで補填するよ。」そのようにサラリと言ってくれる女性なら男もその女性を大事にしようと思うし、将来のためにもっと稼がなければいけないと思うはずです。

将来のことを考えたうえでの年収条件だと思いますが、パートナーが見つからないことには将来に向けてスタートもきることが出来ません。2人で協力して家計を支えていく覚悟があれば年収600万に満たない男性を選んだとしても妥協とは思わないでしょう。

ただし、ギャンブル依存や多額の借金があるような男をサポートしても将来的に幸せにはなれないので拡大解釈は禁物です。

容姿

男なら誰でも若くて可愛いらしい女性を見かけると思わず見つめてしまうと思います。ひょっとしたら付き合ってみたいと心の中で思うかもしれません。しかし、どんなに若くて可愛い女性でも年をとっておばちゃんになっていきます。

では可愛かった妻や彼女がおばちゃんになっていく度に若い女性に乗り換えるのでしょうか?男だっておじさんになっていくしその時は若い女性に相手にもされないでしょう。

「どうせみんな年取って崩れていくのだから容姿にこだわらないようにしましょう」ということを言いたいわけではありません。年を取ってもお互いを大事に思い合える相手を探さないと、結局将来寂しい思いをすることになってしまうよということを言いたいのです。

このことは女性が男性を選ぶ場合でも同じです。容姿ありき、つまりイケメンかどうかで男を選別してしまうとお互いを大事に思い合えたかもしれない人まで振り落としてしまいます。

人間性を好きになると外見もカッコ良く見えてくるものです。容姿が生理的に受け付けないならしょうがありませんが、顔だけを見て「この人はアリ、この人はナシ」という選び方はせずにまずは真剣に話をしてみることが大切です。

男の家族構成

「長男の嫁」は色々と面倒くさそうだからできれば避けたいと思っている女性は少なくないかもしれません。最近は長男の嫁という理由だけで家に入って同居するのは時代にそぐわないと思いますが、家業を継いだり、彼の両親が昔ながらの考え方だと同居せざるをえない場合もあるでしょう。

同居は確かに大変だと思いますが、両親が気を使ってくれる人なら毎日賑やかで寂しい思いをしないので苦にならないという女性もいるかもしれません。同居といっても生活圏を分けるなどの最低限の配慮は必要だと思いますが。

ですから問題の本質は、長男だからという理由ではなく旦那とその両親の性格や関係性にあります。両親からの過度な干渉や仮に同居したとすると嫁をこき使ったり、そしてそのような両親に何も言わない旦那に対してストレスを感じて同居生活が破綻していくのだと思います。

上のような問題は本人の気持ちの持ち方で解決しにくいので、むしろ妥協してはいけない問題です。付き合いを始める段階では、当然ですが男の両親の性格までは分かりません。ですから、家業を継いでいるような仕事なのか、両親にものが言えそうな性格なのかについては早い時期での見極めが必要です。

まとめ

年収や容姿は結婚相手として男を評価する上でわかりやすい指標です。しかし条件から入ってしまうといざ結婚した後にこんなはずではなかったとなる可能性が高いです。

幸いにも複数の男性から選ぶことができるのなら、年収や容姿をトータルで選ぶ時の条件の一つとして考慮するのはアリです。

しかし、年収や容姿を妥協の材料にして相手を選ぶのは何よりも男に失礼だと思うし将来を添い遂げられる相手を見つけるのは難しいでしょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。