婚活で成功するための方法

結婚相手を見つけるための婚活にはいろいろな方法がありますが、30代の女性にはどのような方法が最適といえるのでしょうか?その方法を決めるためには、まず出会いから交際、結婚までにどのくらいの時間がかかるのかを再確認し、結婚までのスケジュール計画を立てる必要があります。

生涯をともにする男性を見つけなければいけないわけですから、その男性の人となりや家族との関係性などは最低限知っておく必要があります。

人となりは男性の本性とも言えるので交際後関係が落ち着いてこないと分からないかもしれません。また、家族との関係性は心を許さないと話してくれないでしょうから短時間で知ることは難しいです。

男性の人となりや男性の家族のことを知る期間すなわち交際スタートから結婚を決断するまでの期間は、男性との関係性次第なので具体的な期間を明確にするのは難しいですが、最低でも6ヶ月程度は必要でしょう。

問題は、出会いから交際に発展するまでにかかる期間です。そもそも出会いがなければ交際はスタートしません。しかもお互いに結婚を意識した出会いが大切です。

出会いから交際スタートまで期間を効率的に進めるためには、婚活パーティや婚活サイト、結婚相談所などの婚活サービスを利用するのがおすすめです。

ではどのサービスが30代女性にとっていいのでしょうか。

出会いまでの時間 男性の本気度
婚活パーティ

運命的な出会いもあるかも、若い子が多いと不利に

身元の確認は厳密ではなく合コン感覚の男性も
婚活サイト

ネット上のやり取りがワンクッション入る

身元確認はあるが独身証明書の提出は必要無し
結婚相談所

仲人役が男性選びから出会いまでをサポート

独身証明書や学歴、所得の証明が必要

婚活パーティは、対面で話ができるため運命的な出会いがある可能性もありますが、若い女の子が多いパーティだと自分から積極的に動かないと男性からのアプローチが全く無い可能性もあります。また、合コン感覚で参加している男性も少なくないので結婚への本気度は高いとは言えません。

婚活サイトは、ネット上でのやり取りを経て実際に会うまでの段取りを自力で行う流れになるので、会ってみて生理的にだめという場合も少なくなく、それまでのやり取りが無駄になる可能性があります。また、独身証明書までの提出は必要ない場合が多いですが、結婚を真面目に考えている男性は多いです。

これらに比べて結婚相談所は、アドバイザーやコンシェルジュ(サービスによって呼び名は様々)などの仲人役が相性の良さそうな男性選びからコンタクト、お見合いの段取りまでサポートしてくれるので出会いまでの時間は最も効率的といえます。

各種証明書の提出も必要な結婚相談所が多く、入会費や月の会費も安くはないので当然本気度は高いです。

以上から出会いから交際に発展するまでの期間を効率的に進めるなら結婚相談所のサービスを利用するのがお勧めです。

結婚相談所の選び方とランキング

結婚相談所のCMを見かけることも多いですが、サービス内容はそれぞれ特徴があり選び方が難しいです。そこで結婚相談所を選ぶポイントとお勧めランキングをまとめてみました。

仲人型を選ぶ

結婚相談所は、会員のプロフィール情報からコンピューターで相性を判断したり会員ページの検索から相手を探すサービスを中心としたデータマッチング型、アドバイザーやコンシェルジュといった調整相談役の人が面談によって性格を判断して相性の良さそうな男性を紹介したり、お見合いのセッティング、デートのアドバイスなど行う仲人型に分けられます。

将来をともにする男性を選ぶためには、容姿だけでなく色々な条件を総合的に判断する必要がありますが、特に女性は悩んだ時に対面で相談できる相手がいる方が辛いことがあっても婚活を乗り切れるでしょう。

ですから、相性データをもとに自分で判断して自発的に動く必要があるデータマッチング型より仲人型がお勧めです。

紹介人数を確認する

データマッチング型でも相談役の人が相性の良さそうな男性を紹介するサービスがありますが、オプションサービスの場合が多くその都度追加料金が発生します。

仲人型は男性の紹介がメインのサービスですが、結婚相談所によって月に紹介する人数が異なります。月に一人だけ紹介されても、その男性が生理的に受け付けない人だとその月は実質的な活動がそれで終わりになってしまいます。

紹介される人数は多いに越したことはありません。紹介された色々な人の中から交際へと発展する男性を見極めていけばいいわけですから紹介人数の多さは大切なポイントです。

活動費用を確認する

結婚相談所の費用は、入会時に登録費用として支払う入会費と毎月の活動費として支払う月会費に分けられます。結婚相談所によっては、紹介した男性と実際に会うお見合いのセッティング費用や結婚が決まった時の成功報酬として成婚料を取る場合もあります。

結婚が決まれば、二人で生活するための家財道具を揃えたり、結婚式を挙げたりと何かとお金がかかります。同等のサービスなら費用は安く抑えるべきです。活動期間でトータル費用は変わりますが例えば半年程度活動した場合の総費用は比較しておくべきです。

30代女性におすすめ結婚相談所ランキングBEST3

ブライダル情報誌最大手の結婚相談所
ゼクシィ縁結びカウンター
運営会社 (株)リクルート
タイプ 仲人型
紹介人数/月 6人
活動費用(6ヶ月) 約13万円
ゼクシィ縁結びカウンター

ブライダル情報誌といえばゼクシィといっても過言ではないですが、満を持して結婚相談所のサービスもスタート。高いサービスをリーズナブルな価格で提供しています。リクルート運営のサービスなので信頼性も抜群。

パートナーエージェント
データで効率的に婚活
パートナーエージェント
運営会社 (株)パートナーエージェント
タイプ 仲人型
紹介人数/月 6人の実績
活動費用(6ヶ月) 約30万円

会員の婚活データから成婚に至る指標をデータで算出。データに基づいた綿密で戦略的な婚活計画を立てるので高い成婚率を叩き出しています。

楽天オーネット
多様な出会いの場を提供
楽天オーネット
運営会社 楽天
タイプ データマッチング型
紹介人数/月 オプション(都度追加料金)
活動費用(6ヶ月) 約20万円

会員ページによる条件検索や専用端末による写真検索、会員誌による検索など多様な出会いの場を提供。自分で活動する方にお勧め。